コブレッスンの考え方

F-style大屋校主任 しげのコブレッスンの考え方について

まず私はスキーを始めた頃、コブは恐くて滑れなく、勇気が足りないから滑れない、上達しないと考えて練習してきました。
しかし、どんなに気合いをいれてもコブに振り回され、意識(イメージ)が頭から消え、結局は後傾になって転んでしまう、その繰り返しでした。
そしてどんなに簡単な緩斜面の浅いコブ斜面にチャレンジしてもそこには大きな壁(恐怖心など)があり、その後上達しても要所に大きな壁が現れたのです。
今振り返ると、上達するのに随分遠回りをしてきましたが、実は恐くない滑り方があり、その方法を習得すると、この大きな壁は一気に低くなり、コブの滑りが楽しくなっていきます。
これらの壁を低くし、ドキドキ・ワクワクのレッスンを目指して日々精進いたしております。
(注)壁はなくなるわけではありません。習得(運動の長期記憶)には反復練習が必要です。

コブ上達のステップ

スライド(ターン)1
ゆっくり、ゆったりとコブを滑ります。コブを滑るための大変基本的で重要な要素が含まれています。通る場所を大きく2通り(内側と外側)を

スライド(ターン)2
スライドのバリエーション(スライドの量・場所)を増やし格好良くすべります。スライドターン1の内容をステップアップしています。
コブが楽しくなることでしょう。

カービングターン1
スライドを極力抑えゆっくりキレイに!カービングでコブを滑ります。(不整地1級にも対応しております。)

カービングターン2
タテに!よりスピードを上げる事のできるポーパスラインを通ったカービングターン。(ニューライン)

まとめると
最初はゆっくり、ゆったり、のんびりコブ制覇

少しずつスピードアップ、レベルアップ、格好良さアップ
(コブ滑走に必要な技術が習得出来たら)

コブ斜面でのカービングターンを目指す!
というステップが私のコブ上達の近道だと考えています。
是非一緒にコブを楽しみましょう。

(注)コブにおけるカービングターンとは、深いエッジングにより雪を切っていくのではなくズレの少ない、ターンを意味します。