本日のコース状況!

HPでコース状況をアップするのは久しぶりですね~。

メインゲレンデ コブ 上から

40コブほど約150メートル

3号ゲレンデ 緩斜面コブ

30コブ 120メートルです。

コブ斜面の積雪量は5~35センチ ギリギリ維持している状況です!

いつものように、コース整備のご協力お願いしますね!

今週末(1月9日土曜日)からコブレッスン始まるよ~

メインゲレンデにコブが2年ぶりに完成し、いよいよ本格的なコブレッスンが始まります。

今週末1月9日土曜日開幕です!

今週末は、

9日(土)はコブ基礎・コブ初級の2コースです。

コブ基礎は一番大事な基本姿勢についての考え方、作り方など体のどこを意識すればよいのか?その意識をもって基本姿勢を変形(外向傾姿勢)することで更に強いポジションに!(体の使い方を知らないと逆に弱くなる)準備出来てから簡単なコブから実践開始!

コブ初級はㇵの字しかできない場合は少しづつパラレル操作に移行するコツを伝授いたします。ㇵの字だとコブの滑り方が限られるため(通り道ではありませんよ~)、出来るだけ早期にパラレル操作に切り替えていくことが重要です。またコブの通り方(ライン取り)なども現時点で必要な代表的な2通りを伝授いたします。

10日(日)はコブ基礎・コブ初級の2コースです。

この日のコブ基礎は9日からの続きで、板の操作・回旋についての重心移動の基本を伝授いたします。大きな重心移動から必要最小限の重心移動に変えていかないといけません!さらにコブに適したポールワーク(これがひょっとしたら一番難しい?いや基本姿勢が一番難しいか…)を伝授いたします。その後に簡単なコブから実践開始!

コブ初級は同様の内容です。

11日(祝)はコブ基礎・コブ初級の2コースです。

この日のコブ基礎はさらに続きで、伸ばし切り替えから曲げ切り替えに!コブに適した切り替えの方法にかえていきます。切り替えの際に素早く出来るか?どこかにステップが出てしまう場合はスムーズな曲げ切り替えの妨げになります。またその他のコブに必要な基本を付け加えていきます。

コブ初級は同様の内容です。

12日以降の平日は月・水コブ一般レッスン開催!いたします。火・木についてはプライベートレッスンのみ開催です。(現在1月のご予約の空きは21・28日の木曜日のみです)

コブレッスン受付場所は土日祝;レストランきのみ内、平日;パトロール室横のスクール受付です。

受付時間は朝9時20分から9時50分までです。

受付の際に、申込用紙の中にご要望をしっかり記入してください!しっかり記入していただきますとインストラクター対応いたします。記入しないともったいないですからね~。あとは出来るだけ楽しんでください!

では

メインコブ完成!…

当初は52コブ!190メートルほど

2年ぶりの立派なコブに感動!もつかの間…

上部12コブほど地が出てしまい、夕方には40コブ140メートルに縮小

思った以上に雪の厚みがないのが今の悩みです。

今シーズンもコース整備のご協力お願いいたしますね!

こちらは3号ゲレンデ緩斜面コブ

良い形になって人気でしたヨ!

次の雪が早く来てほしいですね~。

新年のご挨拶!と…

明けましておめでとうございます。

今年もコブレッスンよろしくお願いいたします。

本日より3号緩斜面ゲレンデにコブコース作成いたしました!

詳しくはスタッフブログをご覧ください。

近日中にメインゲレンデにもコブ作成予定です。

ご期待ください!

新年早々に思いついたことを…

コブレッスンにご参加の場合、板の滑走面の状態が悪いと上達の妨げになります。

板の操作感を向上させるために特に重要で、回旋の初動は繊細な動きなんですョ。

その繊細な動きを阻害するのが整備不良の板(滑走面)なんです。

ということでしっかり整備してくださいね~。

では

幅!

最近思ったことを…つぶやきますよ~。

と、その前に寒波到来で雪が降りだしましたよ~。

ま、岐阜エリアの近況なんですが、関西方面は降ってますかね~?

今シーズンは雪たっぷりのシーズンになるといいですね~、期待しちゃいます。

さて、

前回、基本姿勢についてすこし述べましたが別の角度からつぶやいてみようかと…

雪上のフラット斜面もしくは室内でイメージする基本ポジションを作る!→イメージの通りに滑ってみると後傾になったまま滑らされていることに気づく→このサイクルを何年もやっている(昔の僕です!笑)

上級者は何でうまいか?それは姿勢が絶対的に良いから!→で、上級者に質問してみると「真上に乗る!」の一言に尽きてしまう…

真上はわかってます!真上に乗り続けるようにするにはどうするか?なんですよね~。

ちょいと待った!真上に乗り続けることが良いとも限らないぞ…

最初から真上を目指してもそれは無理です、大人は…

だって恐いんだから…、何かあったらどうするの…とか色々あります。

少しづつ強い姿勢に近づけることが良いでしょうね~大人は、子供は最初から良い姿勢を狙いに行ったほうが良いでしょうね~。(個人的に)

コブを滑るうえで後傾のポジションは非常に重要だと考えていて、ゆっくり滑るにはややかかと寄りが理想(Fstyle spirits スライド編 参照)で、初めてのコブチャレンジなどの場合はかかと荷重でよい!

ただし、ある一定の幅を超えるとなかなか上達しない無限ループに陥ってしまうのでご注意ください。

その幅をお伝えするのが私の仕事です!笑

もう少し掘り下げて、

しっかり回旋を行えば必ず板は重心より落下方向(前)に出る。

どこかで板より前に重心が移動しないときれいな回旋は不可能、その前にどのぐらいかかとに乗るかは表現の自由であるがターン後半はややかかと寄りになるかと。

ということは、ある滑りを除いて滑りの動きの中で努力して強い姿勢を戻す動きが必要ということです。→特にコブは!

その動きの幅が小さく済む→上級者!、できない・やっていない・やり方を知らない→上級者以外ということになるのかな…(あくまで思ったままのつぶやきです)

その動きの幅が大きくできる→上級者(実際には大きく動かす必要はないが大きくもできるということ)、大きく動かないと姿勢が良くならない!多くの方がこれに当てはまると思います(昔の僕)が、実は大きくは動けないのです。

動ける幅をまずは大きくできるように楽しみながらやっていくこと!無理をしてはいけませんよ~!、その動きが少しづつ小さくできるようになってくると確実に上達のステップを踏んでいるということですかね~。

ですので、コブレッスンでは出来るだけ動ける範囲で無理なく大きく動いてくださいね~。

前後的な基本姿勢の幅について少し文章にしてみましたが、書くことがありすぎて支離滅裂になってきますのでこの辺りで…

次回つぶやきをお楽しみに~。

 

強い姿勢が必要~!

お暇なもんで、つぶやいてみます。コブ斜面がある程度滑れるようになると楽しいですよね。滑れないと楽しくありません。だからと言って気合のみのコブチャレンジは危険すぎ~。

それでも10年も頑張ればどなたでもコブはそれなりに滑れるようになります!しか~し、10年も待てない方のためにコブレッスンが存在します。笑

また、なかなか殻が破れない方にもコブレッスンは価値があります。

そこでまずはシーズン前の大事な準備として、基本姿勢を見つめなおす!です。

大回りではなく、コブの姿勢ですよ~。

強い姿勢とは、基本姿勢を変形して怖いと思う方向に傾ける・向けること!つまり初心者にはこれが一番難しいわけです。体が嫌がる・怖がる状況でその逆の体の動きをやらないといけないわけです。最初は、強い姿勢というより強い意志・意識があってそれを反復することで定着し自然にその姿勢が出来る!

シーズン前に鏡の前で自身がイメージする姿勢(誰が見ても格好良い姿勢がわかりやすいかも)を是非確認してみてください!細かいことは気にせずに!自身のイメージでOK!

基本姿勢の細かい点はコブレッスンでいくらでもお答え致しますよ~。

初心者に優しいコブレッスンを目指しますので、コブレッスン開幕をお楽しみに~。

2021シーズン 1月の週末コブレッスン案内で~す!

1月の週末コブレッスン案内アップしました!今シーズンは色々あって少人数制になること間違いなしですから団体レッスンもねらい目ですね。

必ず初級コースを設けておりますので、ご安心ください。

各種コースの内容もしっかりご確認くださいね、週末コブレッスン案内にアップしておりますのでご覧ください。